40代 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 40代 看護師の記事一覧

40代の看護師 転職を考える瞬間

40代の看護師が転職を考える瞬間にはどういったものがあるのでしょうか?

看護師の転職理由には人間関係や条件面、キャリアなどありますが、40代の場合はどうなのかを説明します。

40代の看護師の転職理由は将来的な不安が大きい?

40代の看護師が転職を考える瞬間というのは、将来に不安を感じた時が多いです。将来に不安というとテーマが大きいですが、簡単に言うと定年まで仕事ができそうにないと感じるということです。

看護師は売り手市場ではありますが、良い条件で勤務しようと思うと、やはり40代前半までです。40代の後半からは、転職できないことはないですが、求人が絞られてきたり、条件面が悪くなったりします。

特に給与面に関しては、管理職での転職、特殊な資格、スキルを活かしたヘッドハンティング的なものでない限り、下がってしまうことが多くなります。

経験加算を全てつけてくれないケースもありますし、そもそも給料水準が低い職場でしか採用されなくなってしまうというケースも有るためです。

つまり、今の職場に何かしらの不満があって転職したいという気持ちがある、定年まで働ける自信がない時には、40代の出来るだけ早い段階で転職しようと考えるのです。

看護師が定年まで働けそうにないと考える瞬間はいろいろとあります。「仕事内容で体力的についていけない、もしくはついていく自信がない」、「40代後半以降の看護師がどんどん退職している」などですね。

最初は小さな不安であっても、実際に体力的に不安に感じる場面や、同年代以降が退職する場面に遭遇すると、不安も増大し一気に転職に気持ちが傾くものです。

40代の看護師 転職に一気に傾く賞与カット

40代の看護師が転職に一気に傾く瞬間の1つに、賞与カットがあります。賞与カットは40代でなくても転職に傾くんじゃないの?と思われるかもしれませんが、焦って傾くのは40代、ということです。

例えば、20代で賞与カットによって転職に傾く場合、ドライに割り切ってというケースが多いです。つまり、もっと高待遇の職場で働こう、という気持ちです。

これが40代の場合は、「この職場の経営状況は大丈夫なのか?定年まで働くことが出来るのだろうか?退職金はきちんと出るのだろうか?」など、この職場にずっといて大丈夫かを考えます。

賞与カットの持つ意味の1つに経営不振があります。40代の看護師からすると、最も困るのは定年までに倒産です。

40代前半まではある程度条件の良い求人も多いですが、そこから年齢を重ねるごとに選択肢が少なくなり、給与などの条件面も悪くなる傾向にあります。

つまり、賞与カットは今の不満というよりも、将来的な不安に繋がってしまい、焦りが転職に繋がっていくのです。

40代の看護師が転職で成功するためには?

40代の看護師が転職で成功するためにはどういったことが必要なのでしょうか?

上記では一例として賞与カットのケースを説明しましたが、将来的な不安からの転職が多いということですよね。

ということは、40代の看護師が転職で成功するためには、将来的な不安を感じた時でも、焦らずにじっくりと転職活動を行うことが大切になってきます。

体力的な面での心配や、賞与カットなどの経営面の心配などを、じっくりと客観的に考え、転職した方が良いのか、もしくはどういった職場に転職すれば良いのかを考えることが第一です。

それができていないと場当たり的な転職になってしまい、結果として転職を繰り返してしまうことになります。

40代で転職を繰り返すことは、非常に印象が悪くなってしまいますので、しっかりと計画を立てて行動しましょう。

そのためには、やはり転職のプロに相談するのが一番です。それが看護師転職支援サイトの転職コンサルタントですね。

また、転職活動の相談相手になるだけでなく、行動をサポートしてくれます。面接日時の調整、検討する時間の確保など、面倒なことも代わりに行ってくれますよ。

40代の看護師求人に強い転職サイトは


  • 看護roo!

    看護roo!

    40代の看護師求人を探すなら、まずは看護roo!です。あなたのこと、そしてあなたがなぜ40代で転職または再就職をするのかについて、じっくりと担当さんにお話して下さい。※対応…首都圏・関西・東海のみ

このページの先頭へ