40代 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 40代 看護師の記事一覧

40代の看護師 働き方の選択肢にはどういったものがあるの?

40代の看護師の働き方には、どういった選択肢があるのでしょうか?

もちろん、病院での交代勤務はありますが、その他にもいろいろな働き方がありそうですよね。看護師は売り手市場ですから。

40代の看護師は働き方を変えたいと思う?

40代の看護師は働き方を変えたいと思う傾向にあります。というのも、40代になると定年を意識する方が多くなり、定年まで無理なく働ける環境、働き方を考えるようになるためです。

例えば、病院で交代勤務で勤務するのは今は大丈夫でも5年後に体力的に持つだろうか?といった不安を感じる方が多いです。

「看護師は求人が多いから、5年後難しかったらその時考えたら良いんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、5年後となると40代前半の看護師であれば40代後半、40代後半の看護師であれば50代です。その時に転職しようと考えると、求人がないわけではないですが、好条件を望めなくなる可能性が高いです。

例えば、50代での転職の場合、経験加算がつかないというケースも有ります。

採用担当者の対応も、「是非うちにきてください!」といった感じではなく、「覚えることがいろいろとありますが大丈夫ですか?体力的に問題ないですか?」など、心配する声に変わります。

つまり、歓迎されているわけではないというのが、面接時にも分かることが増えてくるのです。そういった対応をされるとどうですか?

気持ち良いものではないですよね。なので、40代で定年まで働ける職場を考えるために、働き方を変えることも視野にいれるのです。

40代の看護師の働き方のいろいろな選択肢

40代の看護師の働き方のいろいろな選択肢にはどのようなものがあるのでしょうか?

クリニック

まず、最も考えやすいのがクリニックで日勤のみの働き方です。クリニックであれば、40代でも普通に採用してもらえるところが多く、日勤のみがほとんどなので長く勤務できる環境が整っているように思われます。

また、仕事内容としても医師の診察介助やサポート業務が多いため、体力的な心配も少ないように見えることも、40代の看護師が希望する理由の1つになっています。

しかし、クリニックの場合は退職金がなかったり、正社員で採用してもらえない、厚生年金や社会保険がないなど、福利厚生、待遇面での不安があるのがネックです。

在宅訪問サービス

在宅訪問サービスは、大きく分けると訪問看護と往診があります。どちらも在宅訪問形式には違いないですが、看護師主体の訪問看護と医師主体の往診という感じでの違いがあります。

仕事内容は各々で違ってきますが、在宅訪問サービスであることは変わりなく、看護師の給料などもクリニックの外来などと比べると高い傾向があります。

ただ、在宅訪問ということで、在宅に訪問する難しさや、特に訪問看護では1人で訪問するため、経験豊富でないと心配ですよね。

在宅訪問サービスは、待遇面などは魅力的なものが多いですが、在宅訪問サービスに対するやる気があって、意欲が高くないと難しいです。

介護施設

介護施設は日勤のみであったり、ゆったりとした環境という点で40代の看護師にとって魅力的です。ある程度の経験はあった方が良いですが、それ程高度なことは求められません。基本的には入居者の健康管理です。

ただ、40代で介護施設で勤務すると、仮に医療機関に戻りたいと思うことがあった時に、なかなか採用してもらえない可能性があります。

よく考えて希望することが大切です。

40代の看護師 働き方に迷ったら

40代の看護師が働き方に迷った時はどうしたら良いのでしょうか?

上記の3つ以外にも看護師が40代で仕事ができる職場もあるかもしれません。例えば企業内看護師や健診センターなどです。

40代というのは職場によって求められているか求められていないか、はっきりと分かれる傾向にあります。

40代と聞いた時に、採用担当者が「是非会いたい」と言うか、「40代はちょっと」と言うか、という感じですね。

こういった情報は看護師転職支援サイトの転職コンサルタントが把握しています。40代を積極的に採用している職場で、尚且つあなた自身の希望する働き方を実現できる職場を選択しましょう。

40代の看護師求人に強い転職サイトは


  • 看護roo!

    看護roo!

    40代の看護師求人を探すなら、まずは看護roo!です。あなたのこと、そしてあなたがなぜ40代で転職または再就職をするのかについて、じっくりと担当さんにお話して下さい。※対応…首都圏・関西・東海のみ

このページの先頭へ