40代 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 40代 看護師の記事一覧

40代の看護師が年収アップするために必要なこと

40代の看護師が年収アップするためには、どのようなことが必要なのでしょうか?

40代の看護師は年収がアップする方と逆にダウンする方に分かれます。その違いを説明します。

40代の看護師で年収ダウンするケース

40代の看護師で年収ダウンするケースには、どのようなものがあるのでしょうか?

もしかすると、経験を積んでいけばいくほど、年収アップするものと思っている看護師がいるかもしれません。

確かにずっと経験加算がつく職場はあります。しかし、その場合でも年収で見るとダウンしていることが多いです。では年収ダウンするケースを見てみましょう。

給料の中の変動給が多い看護師

看護師の給料はもともと変動給が多いです。変動給というのは、夜勤手当、残業手当、皆勤手当、訪問手当などがあります。つまり、月々の実績で支給される手当ということですね。

例えば、夜勤手当と残業手当で月に10万もらっている看護師も少なくありません。仮にそういった看護師が40代になって、体力的にきつくなり、夜勤回数を抑えるとどうなるでしょう?

夜勤手当は1回1万3千円くらいが多くなりますので、この金額は経験加算の平均が3,000円程度ですので、約4倍に以上になっています。つまり、給料ダウンになってしまいますよね。

そして、変動給の割合が高い看護師ほど、40代になって年収ダウンする金額も大きくなる傾向があります。

特定分野の専門スキルがない看護師

看護師としてずっと働いていれば、40代の場合大体経験が20年位になります。一旦子育て等でブランクがあったとしても、多くの場合で経験10年位にはなっています。

つまり、40代の看護師は経験豊富であると言えるのですが、その経験が専門性が高いかどうかによって、年収が変わってきます。専門スキルがないと年収ダウンしてしまうこともあるのです。

例えば、内視鏡であったり透析であったりは専門スキルですよね。その分野でキャリア10年となると、即戦力として、場合によっては役職での採用になるかもしれません。

そうなれば、年収アップの可能性が高いのですが、逆にそうでないと年収ダウンになってしまう可能性が高いです。

ストレートな言い方をすると、即戦力にならない40代は、積極的に採用したくないというケースが多いと言えます。

積極的に採用したくなければ、年収ダウンも仕方ありません。

40代の看護師 年収アップを勝ち取るために

40代の看護師の年収ダウンするケースは上記で説明しました。結局のところは、経験をどのように活かして即戦力として仕事ができるかによって、給料が変わってくると言えます。

では、どういったことが年収アップには必要なのでしょうか?

上記の例に出している内視鏡や透析は非常に分かりやすいですが、そういった分かりやすい経験がない看護師でも、アピールすることはできます。

例えば、管理職候補で面接を受ける際に、管理職の経験はなくても、病院内の委員会の管理をしていた、などがあれば、マネジメント経験はあるとみなされるかもしれません。

管理職関係のセミナー等に参加した経験があれば、そういったことをアピールすると印象が良くなるかもしれませんよね。

つまり、あなたが面接時にあなたの強みをどのように表現できるかで、年収が変わってくる可能性があるのです。

あなた自身の強みを表現するためには、あなたの強みを棚卸する必要があります。その時に役立つのが、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントです。

転職コンサルタントは、紹介求人先の面接であなたが採用されることを願っています。つまり。採用されやすくなる、より給料提示が高くなるあなたの強みを探してくれます。

強みをしっかりと表現することで、採用されやすくなるとともに、給料提示もより高額なものを勝ち取ることができる可能性があります。

高年収の求人を探す前に、あなたにとってどういった求人が高年収になりやすいのかを把握しましょう。

40代の看護師求人に強い転職サイトは


  • 看護roo!

    看護roo!

    40代の看護師求人を探すなら、まずは看護roo!です。あなたのこと、そしてあなたがなぜ40代で転職または再就職をするのかについて、じっくりと担当さんにお話して下さい。※対応…首都圏・関西・東海のみ

このページの先頭へ